勘定科目の借方・貸方を決める

 
 貸借対照表の勘定科目    損益計算書の勘定科目

 資産の勘定科目

 現金、普通預金、

 定期預金、有価証券、

 売掛金、商品、材料、

 貸付金、建物、備品、

 土地など

 

負債の勘定科目  

 借入金、買掛金、 

 未払金、預り金、   

 前受金など

 

 費用の勘定科目

 仕入、給料、通信費、

 水道光熱費、消耗品費、

 事務用品費、地代家賃、

 支払手数料、広告費、

 支払利息など

 収益の勘定科目

 売上、役務収益、

 受取手数料

 受取利息、

 固定資産売却益など

資本の勘定科目 

 資本金など

 勘定科目には定位置があります。上図の貸借対照表と損益計算書に記載した位置が定位置です。貸借対照表をみると資産は左に、負債と資本は右にあります。損益計算書をみると費用は左に、収益は右に位置しています。これが定位置です。複式簿記では左を『借方(かりかた』、右を『貸方(かしかた)』と呼びます。『それぞれの勘定科目が増加した場合にはその定位置に、減少した場合には逆の位置になる』ことを覚えてください。

 仕訳は次の8つの要素の組み合わせで表されます。

    (借  方)         (貸  方)

  @資産の増加       A資産の減少

  B負債の減少       C負債の増加

  D資本の減少       E資本の増加

  F費用の発生       G収益の発生

 たとえば、「電話代を5,000円を現金で支払った」の原因である「電話代の発生」⇒「通信費」というの費用の発生なので上記Fの(借方)に、結果である「現金の減少」⇒「現金」という資産の減少なので上記Aの(借方)となります。勘定科目だけで仕訳を書いてみると、

    (借  方)         (貸  方)

  通信費  5,000     現 金  5,000

これが仕訳です。


     ⇒次は仕訳帳記入

     ⇒簿記一巡の流れに戻るにはこちら

▲このページのトップに戻る